初めてのピアッシング講座

   

ピアッシングのリスクと起こりえる症状について

現代ではピアスは身近なファッションアイテムとして、多くの人がもちいています。20代女性の約50パーセントが、実際に耳に穴をあけているともいわれています。耳に穴をあけることをピアッシングと呼んでいますが、大きなトラブルもなくお気に入りのピアスを付けてファッションを楽しめる人も多くいる半面、ピアッシングをしたことで様々なトラブルや症状に悩まされている人も多く見られます。ピアッシングを行う前に考えられるリスクや症状について把握しておく必要があるでしょう。
ピアッシングをすることで起こりえるリスクとして、まず第一に挙げられることが穴の細菌感染です。主に傷口などから細菌が体内に侵入してトラブルがあらわれるものを細菌感染と呼んでいますが、ピアスのトラブルでは穴の周辺の肉が赤くはれたり、白や黄色に濁った液体が出る、かゆみや痛みなどがあげられます。これらはピアスをつけかえるときにできた傷などから発生したり、化膿した状態から完治していないのにピアスを入れてしまった、洗浄剤が残っていてそこに細菌が付着していたなどの原因が挙げられます。治療方法としては、皮膚科を受診し、飲み薬や塗り薬などで対処していくことになるでしょう。ピアスの穴を残すことができるケースもあります。そして二つ目のリスクとして、ケロイドが挙げられます。ケロイドは傷の一種であり、主にやけどの時に残る症状と思っている人も多いことでしょう。赤くなったり硬くなったりした傷がケロイドであり、通常の傷とは異なり、自然に治ることはありません。大きく皮膚は赤く盛り上がって硬くなったり、耳たぶの下中央あたりに赤い塊ができる、痛みやかゆみなどが具体的な症状です。耳たぶをもとからケロイドができやすい部位であり、体にケロイドがある場合には、ピアスの穴をあけると高い確率で出現します。形成外科で対処することが多く、症状が小さいのであれば圧迫療法や注射で治療を行うことになります。耳たぶが変形するほどの大きさになってしまった場合には手術が必要となるでしょう。
そして三つ目にはアテロームが挙げられます。アテロームとは良性腫瘍のことを指し、崩れた細胞からできた塊であり、皮下にできる特徴があります。いわゆるおできやできものなども良性腫瘍の一つとして挙げられています。具体的な症状は、皮膚の表面に触れるとしこりがあるのがわかったり、少しずつ大きくなって化膿した後に皮膚を破くこともあります。アテロームそのものができる原因は不明で、耳たぶの裏やピアスの穴にできやすいという特徴を持っています。炎症が出ているようであれば抗菌薬や鎮痛剤などを投与し、化膿しているのであれば膿を抜く措置が行われます。炎症や化膿がなくなったら手術で取り除きます。
四つ目には金属アレルギーがあげられるでしょう。ピアスはほとんどが金属でできていますが、この金属が体内のタンパク質とむすびついた時にアレルギー物質化し、アレルギーを起こす症状です。代表的なものでいえばアレルギー性皮膚炎というとわかりやすいでしょう。かゆみや炎症がおこり、いったんアレルギー反応が起こった場合には、ほかのアクセサリーでも症状が出やすくなります。ピアスの穴に傷があって、ピアスの金属部分が直接触れたり、汗などでピアスの金属部分がイオン化して体内に侵入することが原因とされています。皮膚や粘膜が炎症を起こしているのであればステロイド外用剤が処方されます。強いかゆみが出るのであれば抗アレルギー剤も処方されるでしょう。治療後は同じ素材のピアスは避ける必要があります。
これら以外にも様々なトラブルがあります。ピアッシングは自分でも行うことはできますが、万が一の場合を考えて、医療機関であけるのがお勧めです。

アレルギー , トラブル , ピアス , ピアッシング , ファッション , 皮膚科 , 細菌感染