初めてのピアッシング講座

   

ピアッシングの1つボディピアスの特徴

ピアスで穴を開けるピアッシングは、一般的には耳をイメージすることが多いですが、近年は体に穴を開けるボディピアスも普及しています。
耳だけでも穴を開ける部位は沢山ありますが、顔や体も加わると選択肢は更に増加します。
顔の場合だと、眉頭や眉間に鼻を始めとして、頬に唇や目元といった部位が選べます。
更に、舌やアゴにへそも加わりますから、穴を開けることができない部分はないと思えるほどです。
中には、男女のデリケートな部分に穴を開ける人もいるので、ボディピアスにおけるピアッシングは奥深く、自分らしさを表現する方法となっています。
実際に穴を開けようとする場合は、使用するピアスの材質にアレルギーはないか、安全な方法で穴が開けられるかなど、十分に検討しておくことが大切です。
金属を体に通す都合上、アレルギーのリスクは避けて通ることができませんし、アレルギー症状が現れればおしゃれを楽しむどころではなくなります。
その為、着用するピアスの素材には気をつけ、問題なく楽しめるように確認しておきましょう。
一方の穴あけ、つまりピアッシングの方は、信頼できるクリニックに依頼してお任せするのが賢明です。
消毒の不良があると感染症のリスクが高まりますし、炎症が生じて痛みや腫れに苦しむことになり得ます。
ピアスは使用中のホール管理も重要ですが、より大切なのはやはり穴を開ける際の消毒です。
また、耳であれば市販のピアッサーが使えますが、耳以外の皮膚の厚みがある部分は難易度が高めです。
口腔内などは特に、安全性の確保が重要な部位ですから、数あるボディピアスの部位の中でもハードルを感じさせます。
耳や皮膚の薄い部位なら初めてでも挑戦できるでしょうが、全くの未経験ならクリニックの先生などを頼りましょう。
セルフピアッシングは、ピアスの穴を開けて着用に慣れてからでも遅くありませんし、難易度の高いボディピアスとなれば尚のことです。
ピアッサーを使えば簡単なので、誰でも挑戦できると思われますが、体に穴を開けるからにはそれなりにリスクがあります。
赤みが生じて痒みや腫れを引き起こす接触性皮膚炎は、ピアスの中でも良くある症状の1つです。
これはアレルギー的な反応により起こりますから、特定の金属に反応してしまう場合は要注意です。
接触性皮膚炎が生じる部位では、ピアスを外した後に皮膚の増殖が始まり、ケロイド状になります。
人によっては再発を繰り返しますから、この点もリスクを理解した上で、ボディピアスのピアッシングを行いたいところです。
更に、重みのあるピアスは皮膚に負担を掛けますから、耳たぶのように皮膚が薄い部分は切れてしまわないように気をつけましょう。
何にしても、リスクを理解して正しくピアッシングを行えば、安全にボディピアスを楽しむことができます。
ピアス自体は清潔に保ち、穴が安定するまで少しずつ動かすことがポイントです。
ただし、日常的に頻繁に触れる癖がついてしまうと、ピアスについた手の汚れや刺激が皮膚症状を引き起こします。
消毒に関しては賛否両論ありますが、原則的には体もピアスも清潔に保つようにケアするのが基本です。
過剰な消毒は不要だとしても、清潔な状態を維持しなければ皮膚に問題が生じるのは確かです。
最初は穴を開ける怖さもあって、実際よりもリスクを強く感じがちですが、一度穴を開けて慣れてしまえば大丈夫です。
皮膚の薄い部分から始めて、徐々に厚みのある部分にも穴を開けて行くと、恐怖感が薄らいでおしゃれの楽しみの方が上回ります。
自分らしさをアピールする強力な味方になるので、個性をより強めたり発揮したい場合は、体にピアスの穴を開けて着用するやり方が狙い目です。

アレルギー , クリニック , ピアス , ピアッシング , ボディ , ボディピアス