初めてのピアッシング講座

   

ピアッシングをするなら、ピアッサーとニードル、どちらがおすすめ?

ピアッシングするときには二つの選択肢があります。それはピアッサーとニードルです。ピアスでおしゃれを楽しみたいけれど、初めてのときは痛みが気になってなかなか決断することができずに、ためらっている方も多いのではないでしょうか。そこでそれぞれの方法の特徴を踏まえて、どちらに軍配があがるのか、検討してみましょう。
ピアッサーとは、ステープラーのような見た目で、内部に穴を貫通せるための針状の勤続が備わっている器具になります。ステープラーで紙を束ねるのと同様の要領でピアス穴をあけることが叶います。特徴は当初からファーストピアスがついていること、あけると同時にピアスが装着されるので手間を省くことが出来ます。てこの力を借りて、瞬間的に強い力を集中して組織を押しつぶすようにして、ピアス穴をあけるので一瞬で作業を済ませることになります。ただし鋭利さには劣るので、ピアス穴周辺の組織がぎざぎざになっているので、ピアスを固定して装着させておかないと組織が癒合してしまう場合があります。またあける瞬間の痛さはたしかに軽減することが叶いますが、その後はじわじわいたみを覚えることがあるのです。
これに対して、ニードルは注射針の先端をイメージすれば間違いのない構造で、中腔になっているのが特徴です。つまり針の内部が空洞になっています。針の鋭利さを発揮し、きれいなピアスをあけることが可能になっていますが、ファーストピアスは別途、自分で用意しておく必要があります。これは一見すると手間のようですが、デザイン的にめがねにかなうデザインのものを選択できるということ。先端がとても鋭利で、なかが空洞になっているので耳たぶの組織をきれいにそぎ落としてピアス穴をあけることが出来ます。うまくいくかどうかは、道教次第の部分があるので怖がって慎重になればなるほど、いたみもつよくなります。反面、細胞を除去することになるので、きれいな形状で安定感も高いメリットがあります。
このようにピアッシングのピアッサーとニードルの特徴を御紹介しましたが、結局どちらを選ぶべきなのでしょうか。結論的に言えば、どちらがおすすめなのかはその人の性向によると言えます。具体的にはニードルを使用するときには自分の耳たぶに、自分でピアス案を貫通させる必要があります。自分の身体の一部に針を刺すというのは、通常はありえない非日常的敬虔なのでいきなり、はじめるにはハードルが高いといえそうです。見た目の印象とちがって、思い切って行ってしまえばいたさは、ニードルのほうが低いといえます。
これに引き換え、ピアッサーはステープラーを指で押し込む感覚で使用できるので、日常的な文房具を使用している感覚の延長線上で使えることができるので、初心者の方にとっても敷居が低いといえます。一瞬で住んでしまうので、痛覚を自覚するまでもなく、必要な作業は終了します。少なくともいたさの点では、作業の上手下手に左右されず、誰でも安定したパフォーマンスを残すことが出来る、お手軽感はメリットといえます。しかし細胞をおしつぶすような形になるので、指した方向によってはすぐにふさがってしまう可能性があります。これを防ぐにはピアスを常時装着することが必要になりますが、風呂上りの時に髪の毛が絡まると強い痛さを感じることも珍しくないのです。
両者の特徴を踏まえると、これから初めてピアスに挑戦する人には、ピアッサーががおすすめといえます。躊躇無く差魚を一瞬で終えることが出来るからです。すでにピアス穴を開けた経験のある人はニードルがおすすめです。一度要領が身についているので、きれいなピアス穴を効率的にあけることが出来るからです。

ニードル , ピアス , ピアッサー , ピアッシング