初めてのピアッシング講座

   

ピアッシングをするなら病院選びから

ボディに穴を開けることをピアッシングと呼んでおり、一般的にピアス用の穴を開けることを指しています。ピアッシングは自分自身でも行うことができますが、自分でするのが怖いという方は美容外科や形成外科・皮膚科などに行くのがおすすめです。また耳に穴を開けるという性質から、耳鼻科でも対応していることがあります。ピアスはオシャレアイテムのひとつですから、ピアッシングをする病院として最適なのは美容外科や美容皮膚科などです。医師の技術が優れているのはもちろん、設備関係も整っていることが多いです。事前に公式ホームページで確認したり、お問い合わせしたりするとよいでしょう。

ピアス穴をつくる施術には健康保険が適用になりません。健康保険はあくまで病気の治療に対して適用となるもので、美容関連の施術に対しては適用外となります。そのため全額自己負担の自費診療となり、料金は両耳で5,000円以上かかることが多いと考えてください。自費診療の場合はクリニック側が自由に料金設定できるので、いわば言い値が通ってしまうわけです。料金と技術は必ずしも比例しないので、費用対効果のよい病院で開けましょう。

市販のピアッサーというアイテムを使用すれば自分で開けられますが、病院で行うことには金額以上のメリットがあります。適切な場所に開けることができ、ずれてしまう心配がないのは大きいでしょう。自分で挑戦して変な場所に開けてしまうよりも、医師に任せたほうが安心できます。穴を開けるときの痛みはそれほど強くはありませんが、心配な方は麻酔を使用してもらうことも可能です。痛みに対する耐性は人によって異なりますから、痛みが心配な方はカウンセリングのときに伝えておきましょう。

ピアスの素材によっては金属アレルギーを発症してしまうケースがあります。アレルギー体質を調べられる点でも、病院でピアッシングをするメリットは大きいです。開けたい場所にずれることなく開けることができる、アフターサポートが完備している、なども大きなメリットでしょう。医師ならどのような箇所にも安全に開けることができるので、ちょっと難しい箇所に開けたいという場合もおすすめです。結論からいえば医師に任せたほうが確実に安心・確実で、依頼するデメリットは金銭面以外にありません。自分で行うとピアスホールの形成に時間がかかってしまうケースもあります。

ファーストピアスは目安期間内はしっかりとつけておく必要があります。腫れや赤みなどもチェックする必要があるので、自分で開けるのは避けたほうがよいでしょう。消毒液でピアスホールを消毒すると、傷の治癒を遅らせてしまうことがあります。ほかにもピアッシングができたけど、うまくピアスが動かないという状況になることも考えられます。動かすときにゴロゴロとした感覚があるようでは、装着時にずっと気になってしまうでしょう。自分で挑戦すれば確かに安く抑えられますが、病院よりも失敗する確率が高いのは間違いありません。穴を開けるときに躊躇すると、痛みがより強くなってしまう問題もあります。

安全に行うためにはピアッシングの実績豊富な医師が在籍する病院を利用するのが得策です。中にはピアス穴を開けた経験が少ない医師もいますので、安さだけで選ばないようにしましょう。豊富な症例件数があることは大きなポイントで、実績があるほど技術は高くなるからです。医師選びをするときはクリニックのホームページを確認し、症例数や症例写真などを確認しておきましょう。美容外科や美容皮膚科など、美容関連のクリニックに在籍する医師は技術が高いです。自分で挑戦して失敗すると化膿させるリスクもありますから、最初からプロに任せるのが得策です。

アレルギー , ピアス , ピアッシング , ファーストピアス , 病院 , 皮膚科 , 美容外科 , 麻酔