初めてのピアッシング講座

   

ピアッシング後に化膿してしまったら抗生物質を使おう

おしゃれに欠かすことのできないピアスですが、ピアッシングは少なくとも体に傷口を作り出すことになります。そのため化膿する可能性がないとは言えないでしょう。万が一ピアッシングをした後に膿が出てきた場合には、まずは膿を取り出すようにしましょう。自然と出てくる膿の場合には、ティッシュなどでふき取ってもかまいません。膿を取り出すことが大切ですが、あまり意識するのではなくおさえてやさしく拭き取ることを意識しましょう。傷口を圧迫して無理やり膿を取り出そうとする人もいるかもしれませんが、このような行為は組織を傷付けたり、炎症をひどくする可能性があります。反対に逆効果を生み出してしまうため十分に注意しましょう。
化膿している状態であっても、洗浄して清潔な状態を保つことは大切です。しかし傷口がある部分は弱っている状態なので、この部分へのケアが正しくなければ、さらに状態を悪化させることにもつながります。一番やってはいけない行為が、洗浄し過ぎることです。具体的に言うと、消毒液を使ったケアはやめた方がよいでしょう。消毒液は患部を消毒するので使った方がよいと思う人もいるかもしれませんが、傷口が治るために必要な菌まで消滅させてしまい、さらには刺激が強いので状態を悪化させる可能性もあります。そのため膿が出ている場合には、流水を患部にあてて汚れを落とすだけにとどめておきましょう。この時に患部をごしごしと洗って刺激をしないように十分な注意が必要です。
ピアッシング後の膿に対しては、抗生物質入りの軟膏を使うのが有効な方法と言えます。病院に病院に行く時間がないなどの理由で病院に行けないようであれば、薬局にいる薬剤師にピアスの穴の膿を治したいということを伝えて、殺菌や化膿止めなどと記載されている抗生物質入りの軟膏を購入することをお勧めします。
患部を清潔にすることができたら、しっかりと乾くまで待ちましょう。トラブルが起きている患部に対し、抗生物質の軟膏を塗っていきます。患部の状態により、治るまでにかかる日数は異なります。耳たぶがはれ上がり、化膿や出血、痛みを伴うようなひどい状態であれば1から2週間ほどかかるかもしれません。少しでも早く治したいのであれば、症状が軽いうちに病院に行くのが一番の方法と言えます。ピアスの穴が膿んでしまった場合には、治療中にはピアスを外さなければならないのかと思う人もいるかもしれませんが、できることならば外した方がよいでしょう。化膿してしまったそもそもの原因はピアスによるものです。そのためまずはピアスを取り外す必要があるでしょう。しかしピアスをあけてある程度の期間がたっていなければ、外したことによって穴がふさがってしまう可能性もあります。まだ穴をあけたばかりで、確実に穴を安定させるためにピアスを取らずに治すこともできるかもしれませんが、できる限り医師の指示には従うことが大切です。ピアスを外さなくても治すことはできるかもしれませんが、悪化する可能性もあり、治せるかどうかは運任せであるともいえます。この場合にはあくまでも自己責任で考えるようにしましょう。
このようなことにならないようにするためにも、ピアッシングを行った後の正しいケアの仕方を把握しておくことも大切です。本来であれば、ピアッシング後1か月ほどで穴が安定してきます。1か月が経過したら毎日取り外して、清潔な状態を保つことが大切です。穴が完成した後は、寝る前にピアスを外して消毒行い、朝起きた後にピアスをつける方法が最適です。特におふろやシャワーなどの水気の多い場所は衛生面的にもあまり良くないので、基本的にはピアスを外した方が安心です。ピアスをつけっぱなしで寝てしまった場合には、耳を圧迫し腫れの原因になることも考えられるため、意味に負担をかけないようにするためにも、寝るときはピアスを外した方がよいでしょう。

アフターケア , ファッション , 抗生物質 , 消毒 , 衛生管理