初めてのピアッシング講座

   

ピアッシング後の適切なアフターケア

ピアッシング行いピアスの穴が完成するまでには、通常であれば1カ月から2カ月ほどかかります。耳たぶが厚めの人や以前ピアッシングを行ったときにトラブルがあった人、軟骨部分にあけた場合には、2カ月間はかかると考えておきましょう。トラブルなくピアスの穴をつくるためには、この期間のアフターケアが非常に重要となります。
ピアッシング行った後には、消毒をした方がよいと思っている人が多いかもしれませんが、ピアッシング後の消毒は実はお勧めできるものではありません。最新医療によると、傷は消毒するのではなく、水で洗い流しただけの方が治りが早いと言われています。また傷跡もきれいになるというのが常識となっています。美容外科手術の場合でも、消毒液は短期間しか使わないのが通常です。消毒液を使ってしまうと傷の治りが遅れ、かぶれの原因になるなどのトラブルが生じることもあります。医師に消毒をした方がよいと言われたときは別ですが、消毒をするのではなく洗って清潔を保っておくことが大切です。
そしてピアッシングの当日からは、毎日シャンプーやリンスを行った後は、ピアスの周囲やキャッチの部分をよくすすぐようにしましょう。その際にかさぶた状の浸出液の塊が付いていた場合には、これもきれいに洗い流しておきます。この時にピアスを2回ほど前後に動かしたり、軸を一回転させるようにしましょう。このようにピアスを動かすことによって、癒着することを防いで、きれいなピアス穴を完成させることができます。最初の方はピアスが動かしにくいかもしれませんが、数日経つうちにだんだんと動きやすくなってきます。
ピアッシングを行った際には、つい触り過ぎてしまうかもしれません。しかしあまりにも触り過ぎてしまうと、赤くはれてしまいます。実はこれが一番多いトラブルだと言われています。触ることが刺激になり腫れてしまったり、汁が出てくることもあります。このような状態になってしまった場合にはよく洗い、清潔を心掛けるようにしましょう。洗う時以外はピアスに触れないことを意識し、それでも良くならないようであれば病院で相談することをお勧めします。
すてきなピアスを早くつけてみたいと思う人も多いことでしょう。しかしピアス穴が完成するまでは、ピアスはつけたままにしておくことが常識です。穴をあけてまだ間もない時期には、穴の内側に傷がある状態と同じです。ファーストピアスを早くはずしてしまえば、穴は数日でふさがってしまうことになるでしょう。穴の内側が皮膚で覆われるまでは1か月から2カ月ほどかかるので、この期間中はファーストビアスはつけたままにしておくことが大切なことです。中には夜だけ外すという考えを持っている人も多いかもしれませんが、これは間違いなのでつけっぱなしにしておきましょう。
いよいよピアスの穴が完成したら、ピアスの入れ替えを行うことになります。その前にピアスの穴がしっかりと完成しているかどうかを確認する必要があります。ピアその周辺から汁が出ていないかどうか、かさぶた状のものはないかなど、しっかりと確認しましょう。汁が出ているのであれば、まだ穴の内側に傷があり穴は完成していない状態です。繰り返し汁やかさぶたがないかどうかを確認し、これらがなくなり1週間ぐらいたってからファースとピアスを外すようにします。不安がある場合には自己判断をするのではなく、医師に相談することが大切です。ファーストビアスは普通のピアスと同じ構造なので、外す際にはキャッチを後ろに引っ張るだけで外すことができます。キャッチは普通のピアスよりもかたくできているので、外す際に穴の内側に傷をつけないように十分に注意しましょう。心配だという場合には病院で外してもらい、その際に入れ替えるピアスも持っていき入れ替えもお願いすると安心です。

アフターケア , トラブル , 消毒 , 病院