ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

正しいピアッシングの方法と開け方のコツ

耳につけているピアスがかわいいので開けてみたいと思っているけれども、まだ一度も開けたことがない人にとっては不安がつきまとうものです。ピアッシングの方法としては、ピアッサーを使って自分で行う方法と、クリニックなどに行ってあけてもらう方法があります。

多くの人が自宅でピアッサーを使ってあけていますが、これから開けるのであれば、事前にやり方や開け方のコツなどを把握しておきたいところです。
ピアッサーを使って穴をあけるときに準備するものとしては、ピアッサーと消毒液、ペンや鏡、保冷剤などがあげられます。

ペンは耳にマークをつけるものなので、マジックやアイライナーなどもよいでしょう。これらが耳に穴をあける際に必要な道具です。ピアッサーを使わずに安全ピンで開けている人もいるかもしれませんが、穴の形も安定せず、きれいに開けることができないのでおすすめすることはできません。

ピアッサーを使ってピアスを開ける流れとしては、まず最初に手をしっかり洗って耳を消毒しましょう。その次に、アイライナーを使って開けたい位置に印をつけていきます。

耳たぶと垂直になるようにピアッサーの位置を合わせたら、最後までしっかりと押し込めば完成ですピアッサーにはいくつかの種類があり、バネの力を使って瞬間的に穴を開けるものもあれば、自分で押し込まなければならないタイプもあります。

ピアッサーに装着されているファーストピアスも種類が豊富にそろっているため、自分の好みで選ぶと良いでしょう。
ピアッサーで穴をあける際に痛みが気になる人も多いかしれませんが、確かに体に穴があくことになるので、痛いのは当たり前のことです。

注射の針よりも太いものを使うので痛みがあることは当然です。中には耳たぶを冷やせば痛みを感じないという話を聞いたことがある人も多いかもしれません。穴をあける前に、感覚がなくなるまで保冷剤などを使ってガチガチに冷やす方法です。

しかし冷やしても冷やさなくても、それほど痛みは変わりません。どちらかというと瞬間よりも、開けた後に痛みがじわじわと押し寄せてくるといえます。開けた後に冷やした方が効果的と言えるでしょう。

前に皮膚を冷やしてしまった場合には、皮膚が硬くなり反対に開けにくくなるという説もあります。きれいに穴をあけるコツとしては、まず第一にしっかりと消毒することが挙げられます。

開ける前には必ず手をしっかり洗って、手と耳の両方を消毒する必要があります。消毒液にもさまざまな種類ものがありますが、スプレーを使うよりもジェルタイプの方がピンポイントで塗ることができるでしょう。コットンや綿棒などに消毒液をしみこませて塗りつけるのも良い方法です。

ペンで位置決めをする場合には、どのようなペンでもよいですが、開けた後の落としやすさを考えるとアイライナーがよいかもしれません。鏡を見ながらマーキングをしたら、一度顔をひいて顔全体と穴の位置のバランスを確認してみましょう。

いよいよピアッサーを使ってあけることになりますが、開ける際にはぶれないように肘をしっかりと固定しましょう。テーブルなどに肘をつき、なるべく腕が動かないように固定します。開ける場合には耳たぶに対し垂直になるようにしなければなりませんが、垂直という意味がよくわからないといういるかもしれません。

垂直になっているかどうかわからないという場合には、周りの人に鏡を持ってもらったり、直接位置を確認してもらうとよいでしょう。そして開けるときには怖がらずに思い切ってあけることも大切です。ピアッサーが勝手に穴を開けてくれるので、瞬間的に位置がずれてしまったら後戻りはできません。

ずれた位置に穴が開いてしまうことになるでしょう。ここだと思ったら怖がらずにボタンを押しこみます。最後にホールが安定するまでは傷と同じ状態なので、絶対にいじらないように気をつけましょう。

最終更新日

Uncategorized